カテゴリー別アーカイブ: その他

恋愛マッチングアプリであるマッチブックを覗いた感想

マッチブック

リクルート・グループがFacebookを利用したマッチングアプリとして運営してるのが、マッチブック(Match Book)です。他にも同じようにFacebookを利用したマッチングアプリがあるので、それと比較してみてどうなのか検証してみた結果です。

まず、使用する前に、マッチブックを運営してるのがリクルート・グループなので、何か問題が起こっても、その辺の対応は他のマッチングサイトよりかは安心できるかなと思えます。

実際に登録してみて、マッチブックがどんな雰囲気のマッチングサイトなのかですが、感じはきちんと出来ています。怪しい感じは特にないです。

マッチブックの謳い文句が関東や関西の大学に所属するミスター・ミスの候補である男女100名が登録もしている点ですが、そこは一般人にはあまり関係ないと思います。たしかにカッコイイ男性、可愛い女性ですけど、わざわざ謳い文句にしてるので勧誘されて登録してるという私の推測からして、そのレベルの異性と出会えるかと言えば疑問です。

登録して気付いたのが、マッチブックの運営開始が2015年の8月なので、まだまだ会員数が少ないです。少ないとダメと決めつけるのは早いです。流行る前に始めるのが何事も鉄則ですから、逆に出会える確率が高いとも言えます。

カッコ良い男性やカワイイ女性の総人数は少ないとは言えますけども、最初は有料会員でなく無料会員から始めてお目当ての異性が増えてきたら、即効で有料会員になればいいと思います。

そうなんです、無料会員と有料会員があり、そこは他のマッチングアプリと同じ料金体制です。値段もほとんど差がないです。

マッチブックを利用してる年齢層が20代後半が多い気がします。これは現時点での感想です。Facebookを利用する年代は30代以降が多いですから、今は無料会員で登録して、30代の異性が増えたら本格的に活動するのがいいかなと思います。20代のFacebook利用率が減ってます。私は40代ですから、様子見です。

とはいえ、最近は20代の女性は40代の男性を好む傾向があるので、40代の男性で甲斐性がある人なら今が狙い目です。

口コミ参考サイト→アラサー女がマッチブックを使ってみた結果を辛口レビュー!

核家族がふえたせい?育児ストレスについて

育児ストレス

子育てをしているかたなら一度は誰でも育児ストレスを経験されているのではないでしょうか?私も子供を育てることがこんなに大変だなんて思ってもいませんでした。

今の社会は子供の虐待や育児放棄のニュースが沢山報道されたりしますよね。私はその人たちの気持ちがわからなくはないのですが本当に虐待や放棄してしまったらおわりです。子供って自分の思い通りにいかないことばかりでイライラしてしまいます。

それが育児ストレスなのです。子供ってかわいいけれどだめなことばかりしてきます。大人が教えてあげないと子供はなにもわからないし、ただ子供は楽しいことを自由にしているだけなのです。

しかし、何度言ってもわかってくれない、泣き止まない、思い通りにいかない。それが蓄積され育児ストレスとなり、虐待や育児放棄などの最悪の事態となってしまうのだと思います。

もし、どんなにうるさくてもかわいい大切な子供です。しかってしまうときもあるけれど泣かしてしまうこともあるけどしつけの範囲がどれだけ正しいかということで最悪の事態は防げると思います。

あぶなくない範囲のしつけ、例えば暴力やとじこめです。暴力は最低の行為です。自分のストレス発散のために我が子を犠牲にするのはやめましょう。

次に閉じ込めです。私も真っ暗な隣の部屋にイライラして閉じ込めたことがあります。

しかし真っ暗なだけであとはごく普通の部屋で決して狭い場所ではありません。ほんの数分でした。本当にイライラしてママはこれだけ怒ってるんだから反省してよね!そんな気持ちからの行動でした。

しかしすぐ我にかえりごめんね。っと抱きしめました。怒りというものは恐ろしいものです。人格まで変えてしまうのですから。怒らないで育てたいものですよね。

けれど人と関わっていく限りずっとストレスをコントロールしてうまく付き合っていかなければなりません。一番育児ストレスをかんじるのは小さいときですよね。大きくなればなるほど育児は楽になっていきます。

長いかもしれませんがずっと続くものではないのでおおらかな広い心と沢山の愛で一人でも多くの人が育児を楽しみながらやれる人が増えたらいいなっと思っています。