貧血の人にもおすすめのホワイトチアシード

matome_20150916203957_55f9550dcd2ff

ホワイトチアシードは、3日坊主の私が珍しく続けられた食品です。いつも飲むお茶にチアシードを混ぜるだけなので、とても簡単です。

私は二年に一度くらい献血に行っても、「貧血のため献血はできません」と言われてしまいます。よく献血センターの前を通るので献血をしたい気持ちはあるのですが、大学生になってからは献血を断られてばかりであいた。

献血できなかったら、献血センターの人の手をわずらわせるだけなので、あまり挑戦はしません。

前回行ったときはあまりにもヘモグロビンの数値が低かったため真剣に指導を受けましたが、チアシードを飲む週間ができてから献血に行くとヘモグロビンの数値がだいぶ改善されていてホッとしました。それでも献血はできませんでしたが。

私にとってチアシードは、鉄分補給が毎日食品から手軽にできるので手放せない食品です。はじめてホワイトチアシードを摂取する人におすすめなのは、コーヒーに混ぜて飲む方法です。

私は貧血なのであまりコーヒーは飲みませんが、チアシードを初めて飲んだときはコーヒーに混ぜました。

チアシードはコーヒーの邪魔をしないことに驚きました。またチアシードの膨張率にも驚かされました。食感はプチプチしていて楽しいし、本当におすすめです。

私はふだんルイボスティーや烏龍茶にホワイトチアシードを混ぜて飲んでいます。ルイボスティーや烏龍茶は、タンニンやカフェインがあまり含まれていないのでよく飲みます。

貧血で悩んでいる人にはおすすめの食品です。ホワイトチアシードは植物なので、チアシードの鉄分の種類は吸収されにくいタイプの鉄分だと思います。

それでも毎日ほうれん草やレバー、牛肉を摂取するのは難しいですが、チアシードは手軽に毎日摂取できます。ただホワイトチアシードを摂取し過ぎると、お腹がゆるくなるので注意は必要です。私は便秘の時にはわざと多く摂るようにしています。

ホワイトチアシードは鉄分以外にも、オメガ3脂肪酸や食物繊維、タンパク質、マグネシウムを含んでいるため、女性にとってうれしい食品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です